伝統建築学科BLOG

宮大工・大工・2級建築士を育成する、
伝統建築学科の授業の内容や様子を詳しく紹介しています。
円照寺が始まりました!

こんにちは!

3年生の新たな現場である円照寺についてお伝えします!

 

今までの現場だった土蔵は土を乾かさなくてはならないため、作業を進めることができません。

なのでこちらの現場に移りました。

 

 

今回は円照寺のこの門を修理します。

 

 

材料の加工は着々と進んでいます!

 

 

この半円を描いている材は何と垂木です!

普段はまっすぐな垂木も門の屋根に合わせてこのような形になっています。

 

 

現場では解体作業が始まりました。

 

 

これからはこちらの円照寺についてもお伝えしていきます!

おたのしみに!!

 


本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科


 

 

 

| kenchiku | - | 19:57 | comments(0) | - |
熊野神社3

こんにちは!

2年生の実習現場である熊野神社が進んだのでお伝えします!

今回は木取りと原寸についてお伝えします。

 

木取りとは製材所から来た材料を神社に合うような寸法に加工していく作業です。

この作業は実習場にある機械を使いながら行っていきます。

今回の現場で必要な材はほとんどここである程度加工されます。

 

普段扱っている材料よりも大きなものなので苦戦しながらも色々な機械を使って木取りしていきます。

 

 

 

この写真は機械鉋をかけている所です。

これらの材は加工した後さらに手鉋仕上げをしたりします。

手鉋ならではの美しさがあるので!

 

今回は加工したものを現場が近い学校に持っていきます。

一つ一つの材が大きいため運ぶのも一苦労です。

 

 

 

次に原寸についてお伝えします。

反っている破風の上に乗せる部材は同じように反らせなくてはならないのでその反りをはっきりと出さなくてはなりません!

その時に必要となってくるのがこの原寸です。

破風の反りをベニヤの板に写していきます。

継手の場所や修理する箇所の材の型板をとる元にもなります。

間違いが出ないように慎重に作業していきます。

 

破風の型板は破風の担当の人たちが作りました。

その破風の型板と原寸で違いが無いかなども確認しながら作っていきます。

 

この作業が終わり次第葺き地や裏甲などの破風の上に乗せる材を加工していきます。

 

 

今回はここまでです。

次回からは少しずつ神社に部材がついていきます!

お楽しみに!

 

 

 


本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科


 

 

 

| kenchiku | - | 13:28 | comments(0) | - |
軸組模型2

こんにちは!

今回はずいぶん前にあげた軸組模型の続きを行います。

 

 

前回は大引きまで終わりました。

なので根太から組み立てていきます。

 

次に1階の柱や梁や桁などを組み立てていきます。

ここからは一気に建物らしくなっていきます!

 

2階も1階と同じように組み立てていきます。

 

最後に柱と柱の間に筋交いや間柱などを入れ、小屋組みを組み立て、そこに垂木を架けて軸組模型は完成です!

 

 

 

実際の現場とは少し順番が違うところもありますが、現代の住宅の建て方、仕組みなどがわかりました!

実際に建ててみて、図面の中に矛盾している所や構造上難しいところなどが見つかり、そして建築基準法でなぜこのように決まったのかなども知ることができました。

とてもいい勉強になりました!

 

組み立てている様子

 

 

余談ですが、実習室には学生が建てた軸組模型が並んでいます。

その姿が住宅街みたいだなと思いました!

 

作成途中の家々

 



本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

| kenchiku | - | 17:26 | comments(0) | - |
熊野神社2

こんにちは!

2年生の実習現場である熊野神社が進みましたのでお伝えします!

 

発注した材料が届きました!

色々な作業があるのですが今回は破風についてお知らせします。

 

修理では傷んでいるところを切り新しい材で修復していきます。

なので破風のラインが修理前と後で違うということがあってはいけません。

そのためまず破風のラインの型紙を作っていきます。

この型紙に合わせて加工していきます。

 

本殿にある破風に合うように墨付けをした材を加工していきます。

このように大きな材料をのこぎりで真っ直ぐに切り落としていくのは至難の業ですが慎重に切っていきます。

 

材が大きいため、普段使っているものよりも大きい鑿も使います。

 

 

完成です!

 

 

本殿の方にも対となる継手を作ります。

新しい材と違い本殿に取り付けてある状態のまま破風を加工していきます。

 

 

さらに茅負とあたるところも加工し、組んでいきます。

色が白っぽい材料が今回修復しところです。

破風のほかに茅負、化粧垂木の一部を新しくしました。

 

 

今回はここで終わりです。

他の作業の様子も随時あげていきます!

お楽しみに!!



本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科


 

 

| kenchiku | - | 21:29 | comments(0) | - |
土蔵づくり3!

こんにちは!

 

遅くなってしまいましたが、3年生の実習現場である土蔵が進みましたのでお伝えします!

 

 

軸組は前回終了したので今回はまず窓や扉がつけられるところの内側に材をつけていきます。

 

鴨居と接する柱がねじれている可能性があるため、そのねじれを鴨居に書き写してから加工します。

親方に教えてもらいながら慎重にねじれを書き写していきます。

 

ねじれを写す時には鴨居となる材を柱に直接あてます。

そのため材を支えるものが必要なので端材をこのように加工したものを柱に設置します。

 

上の作業写真では、親方の手元に映っています。

 

 

2階に上がるための階段も付きました!

 

加工時の様子

これは側板です。

この溝に踏み場なる板をはめます。

 

 

さらに施主さんと括り付けた竹に土を塗っていきます。

 

まず土を混ぜます。

 

そして混ぜた土を塗っていきます。

このことを「どべぬり」と言います。

詳しくは動画があげられているのでそちらをご覧ください!

 

この作業は土が重かったので意外と結構重労働でした!

 

 

 

今回はここまでですがだいぶ土蔵らしくなってきました!

 

夏休みも終わり、また授業が始まっていきます。

現場や技能検定とやることがたくさんあるので、後期も頑張っていきたいと思います!

 

 

 


本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| kenchiku | - | 19:03 | comments(0) | - |
スポーツ大会

こんにちは!

 

遅くなりましたが夏休み前に行われたスポーツ大会についてお伝えします!

 

 

 

競技の様子

 

 

 

 

みんなの授業では見られない一面が見れました!

 

スポーツ大会は他の学科と合同で行われるので色々な人と交流するいい機会でした。

このスポーツ大会をきっかけに学生の輪が広がったと思います。

皆さんお疲れ様でした!

 

 

 

 


本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科


 

 

 

 

 

| kenchiku | - | 18:22 | comments(0) | - |
熊野神社

こんにちは!

 

2年生が学校の近くにある熊野神社の本殿の屋根の修理をしているので、その様子をお伝えします!

 

本殿

作業をするために足場が組んであります。

 

 

まずは屋根の掃除から

掃除をしつつ屋根の状態を見ていきます。

 

屋根の上にはたくさんの落ち葉が積もっていました。

 

こんなにゴミが溜まりました!

これでも出たゴミの一部です。

 

 

瓦をはぐって傷んでいるところの確認。

 

長い間風雨にさらされてとても傷んでいます。

 

傷んでいる所をどのように直すのかを決めていくため詳しく調べます。

もともと使われていた材をできるだけ使うためにはどのようにすればよいか、修理したところを長くもたせるにはどのようにすれば良いかなどを考えます。

 

直し方が決まり次第材料を発注をするため部材の寸法などを測っていきます。

 

これは垂木という部材の角度を測っているところです。

修繕はもともとあった建物を変えることなく傷んでいる所を直さなくてはならないため、いろいろな場所の寸法などを細かく測っていかないといけません。

 

測っていったものを記録し、材料を発注します。

このとき材料同士をつなぐために作る継手の部分の寸法も見込んだ長さを発注します。

 

 

 

これで調査は一通り終了です。

動画では一足お先に破風という屋根の部材の取り付けが上がっています。

ブログの方でも近々加工の様子を上げたいと思っています!

お楽しみに!!





本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科


 

 

 

| kenchiku | - | 16:58 | comments(0) | - |
土蔵 どべぬり!

こんにちは!

 

先日、土蔵の施工が一段落しました!

 

木材構造部が上がり、土をぬる、佐渡弁で「どべぬり」

 

が始まったところです!

 

 

伝統建築とはいっても様々なものがあり、今回は

 

左官士でもある施主さんの意向から、このような

 

実習が実現しました!

 

完成まではまだまだかかります。これからも頑張ります!

 

 

 

さて当校は夏休み期間へ入ります。

 

しばらく更新出来ませんが、皆さまも

充実したお休みをお過ごしくださいませ。

 





本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科


 

 

 

| kenchiku | - | 22:16 | comments(0) | - |
砥ぎと鉋

伝統建築学科 学生の授業風景

 

今回は、砥ぎと鉋(カンナ)

 

動画で配信しています。

 

伝統建築を学び、宮大工を目指す様子、ご覧ください。

 

 





本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科







 

 

 

 

 

 

| sado-kenchiku | - | 08:20 | comments(0) | - |
学校説明会を行いました

こんにちは!

夏の拡大版オープンキャンパスを行いましたのでその様子をお伝えします!

 

 

沢山の参加者が全国から来てくださいました!

 

学生スタッフに教わりながら、慣れない道具を使って一生懸命継手を作っていました!

 

 

 

出来上がった作品です!

 

 

(入れている途中です)

 

 

次の日は皆さん佐渡観光に行かれました!

 

参加者の皆さんお疲れ様でした!

 

 

 


 本物に触れて学ぶ宮大工
 伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

 

 

 

 

 

 

 

Check
| kenchiku | - | 12:33 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

このページの先頭へ