伝統建築学科BLOG

宮大工・大工・2級建築士を育成する、
伝統建築学科の授業の内容や様子を詳しく紹介しています。
鑿箱製作!

こんにちは!

 

今回は、鑿箱を製作している方を発見したのでその様子を紹介したいと思います!!

 

墨付けをして加工します

完成が楽しみですね!

 

ではまた!

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

| kenchiku | - | 20:00 | comments(0) | - |
羽茂祭り!

 

こんにちは!

 

先日6月15日に1.2年生が羽茂祭りに参加し、お神輿を担いできました!!

 

 

このお神輿は私たちの親方がつくりました!

 

 

 

羽茂祭りでは、県無形文化財「つぶろさし」が町内で舞い踊ります。

 

「つぶろさし」は、子孫繁栄、五穀豊穣を祈って鼓舞されます。

 

その他に鬼太鼓や大獅子3匹、子供たちによる鼓笛隊、おけさ流しも登場して地域をあげて盛り上げます!!

 

 

残念なことに今回は、「つぶろさし」と出会うことはできませんでした。

 

伝統芸能が盛んな佐渡島でこのような貴重な体験ができ有意義な時間を過すことができました。

 

ではまた!

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

| kenchiku | - | 17:33 | comments(0) | - |
研ぎの練習!

こんにちは!

 

1年生が入学して約2か月が経ちました!

 

毎日、放課後研ぎを頑張っています!

 

まだまだまんまるな鑿、鉋たちですが、、、

日々精進!!!

ではまた!

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

| kenchiku | - | 19:26 | comments(0) | - |
金輪継ぎ(かなわつぎ)

こんにちは!

 

今回は木造建築における継ぎ手のひとつ"金輪継ぎ"をご紹介したいと思います!

 

金輪継ぎは様々ある継ぎ手の中でも強固なもののひとつで、主に柱や梁、桁など継ぐために用いられます。

 

こちらは先日、金輪継ぎに挑戦していた学生の作品です。

金輪継ぎは双方の材を引き付けるために"栓"を打ちます。

良い感じに継げました!

伝統的継ぎ手はまだまだたくさんあるのでまたの機会にお伝えできればなと思います!

 

ではまた!

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

| kenchiku | - | 22:50 | comments(0) | - |
公開授業を行います!!!

【公開授業のお知らせ】
伝統文化と環境福祉の専門学校では、京都の社寺建築を手掛ける、

有限会社匠弘堂の横川社長をお迎えし、公開授業を行います。

匠弘堂さんには、卒業生が就職、お世話になています。
開催まで時間の無い中でのお知らせとなりますが、興味のある方や

業界の皆さんにご参加いただければと思います。


開催日時:平成29年6月13日(火)14:30〜16:00


開場:伝統文化と環境福祉の専門学校 視聴覚教室


参加費:無料


申し込み:不要


備考:
・学生向けの授業内容を公開する形となります
・参加希望の方は当日、直接会場へお越しください
・お車でお越しの方は、校舎裏の駐車場を御利用ください
匠弘堂さまHP
http://www.kyoto-shokodo.jp/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

SNSはじめました

伝統文化と環境福祉の専門学校インスタグラム

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Facebook

 

伝統文化と環境福祉の専門学校LINE

 

伝統文化と環境福祉の専門学校YouTube

 

 

 

 

 

 

 

| sado-kenchiku | - | 18:47 | comments(0) | - |
在校生インタビュー

伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科に入学して

1カ月を経過する1年生にインタビューをおこないました。

 

なぜ、伝統文化と環境福祉の専門学校を選んだのか?

伝統文化と環境福祉の専門学校の様子

将来の夢

などなど、いろいろ答えてくれています。

 

高校生のみんなさん、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

文教大学付属高校出身

 

神戸科学技術高校出身

 

仙台工業高校出身

 

卒業生 株式会社吉匠建築工藝さんでお世話になっています。

 

 

 

 

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

SNSはじめました

伝統文化と環境福祉の専門学校インスタグラム

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Facebook

 

伝統文化と環境福祉の専門学校LINE

 

伝統文化と環境福祉の専門学校YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| sado-kenchiku | - | 09:30 | comments(0) | - |
佐渡八十八箇所霊場 四十番目 正覚坊

 

こんにちは!

 

皆さんはお遍路(おへんろ)をご存知ですか?

 

お遍路とは四国で弘法大師所縁のお寺八十八山を巡ることです。

 

四国発祥のお遍路ですが、今では全国各地に同様の霊場があります。

 

実は!!!!!!

佐渡にも八十八箇所の霊場がありお遍路巡りができます!

 

今回はそのひとつ40番目の〔正覚坊〕をご紹介します!!

 

815年薬師十二神将になぞらえ薬師堂を中心とする12の寺院が建てられ薬師十二坊と呼ばれるようになりました。

 

正覚坊はそのひとつです。

 

時は流れ!

1868年廃寺令によって薬師十二坊はすべて廃寺になりました。

 

その後、廃寺復興願いが出され薬師十二坊のうち正覚坊は最も早く復興しました。

 

正覚坊の仁王門は四天王が祀られており佐渡でも非常に珍しい門です!

 

庭園は、きれいに刈られた芝生でその脇には横向き地蔵が祀られています。

 

横向き地蔵は、自己中心で自分だけ良ければいいというわがままな願いを持つ者の心を正して下さるお地蔵様です!

 

このお地蔵様を拝むと金北山を同時に拝したことになるそうです。

 

そのなかでも私たちが気になったのは仁王門の彫刻です!

 

お花と思われる彫刻がシンプルに施されていてとても魅力的でした!!

 

今後も、皆さんが佐渡で八十八箇所巡りをしたいと思えるような寺社を紹介していきたいと思います!!

 

ではまた!

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

| kenchiku | - | 18:28 | comments(0) | - |
相運寺大師堂

こんにちは!

 

突然ですが皆さんは佐渡と聞いて何を思い浮かべますか?

そう!佐渡金山!!

先日、金山ふもとにある相運寺大師堂の修復のお手伝いをしました。

その作業の様子を報告したいと思います。

 

作業内容としては屋根にビニールシートを被せる作業と天井絵の保管です。

 

まずはビニールシートを屋根に被せる作業から!

角材を20cmほどに切断し、その切れ端に紐を結んで桁側から逆側に向かって投げます!

逆側はこんな感じです

6か所投げ終えたところで今度はビニールシートに先ほどの紐を結んで屋根に被せていきます。

瓦を傷めないように角材を立てて、その上を滑らせていきます。

屋根を全て覆ったところで、角材でビニールシートを固定していきます。

無事に固定することができました!

この相運寺大師堂の屋根は相当傷んでおり、天井絵を風雨などから守るためにこの作業をしました!

 

続いて天井絵の保管作業です!

天井絵を剥がす前はこのようにびっしりと絵がはられています。

そして一枚一枚丁寧に外していきます。

こちらは天井絵の格子部分が折れて絵が落下するおそれがあるためこの作業をして保管しました!

 

報告を終わります。

ではまた!

 

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

| kenchiku | - | 21:26 | comments(0) | - |
卒業生へインタビュー

伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科を卒業し、

現場で活躍する、卒業生のインタビュー

 

今回は、「株式会社吉匠建築工藝」さんへ伺いました。

 

今年の3月に卒業した、鈴木君が頑張っていました!!

 

 

インタビューの様子はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| sado-kenchiku | - | 18:20 | comments(0) | - |
長谷寺

みなさんこんにちは!

今回は花の寺長谷寺(ちょうこくじ)についてご紹介したいと思います!

佐渡の畑野地域にある長谷寺(ちょうこくじ)は今からおよそ1200年前に建てられました。

長谷寺(ちょうこくじ)のたたずまいは寺の回廊や石段、牡丹が奈良県大和の長谷寺(はせでら)に似ていると言われています。

木造十一面観音立像が国指定重要文化財、不動明王と矜羯羅童子が新潟県指定文化財となっています。

また五智堂が新潟県有材文化財に長谷の三本杉と高野槇が新潟県の天然記念物になっています。

本堂の装飾には花の寺だけあり花の彫刻があります!

そして今見頃なのが牡丹!

長谷寺(ちょうこくじ)の牡丹は観賞用ではなく薬用として栽培され1000株以上あり漢方薬として配られていたと言われています。

その他にも春には桜や山つつじ、さつき、夏には紫陽花や木槿、百日紅、晩秋には紅葉が参拝者を迎えます。

 

建物的にもとても見ごたえのある長谷寺。それを取り囲む自然は季節ごとに異なる姿を見せ、訪れる時期によって我々に与える印象も大きく変わります。

 

神社・お寺巡りをするときは建物の構造や彫刻、歴史だけでなく周りの自然にも目を向けるとさらに面白い発見がありそうですね!

 

ではまた!

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

| kenchiku | - | 23:36 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ