伝統建築学科BLOG

宮大工・大工・2級建築士を育成する、
伝統建築学科の授業の内容や様子を詳しく紹介しています。
<< 公開授業を行います!!! | main | 研ぎの練習! >>
金輪継ぎ(かなわつぎ)

こんにちは!

 

今回は木造建築における継ぎ手のひとつ"金輪継ぎ"をご紹介したいと思います!

 

金輪継ぎは様々ある継ぎ手の中でも強固なもののひとつで、主に柱や梁、桁など継ぐために用いられます。

 

こちらは先日、金輪継ぎに挑戦していた学生の作品です。

金輪継ぎは双方の材を引き付けるために"栓"を打ちます。

良い感じに継げました!

伝統的継ぎ手はまだまだたくさんあるのでまたの機会にお伝えできればなと思います!

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

SNSはじめました

伝統文化と環境福祉の専門学校インスタグラム

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Facebook

 

伝統文化と環境福祉の専門学校LINE

 

伝統文化と環境福祉の専門学校YouTube

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Twitter

 

 

 

 

 

| kenchiku | - | 22:50 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:50 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ