伝統建築学科BLOG

宮大工・大工・2級建築士を育成する、
伝統建築学科の授業の内容や様子を詳しく紹介しています。
<< 実習風景 〜3年生〜 | main | 世尊院の楼門。 >>
熊野神社 鳥居その2

 

みなさんこんにちは!

 

今回は熊野神社の鳥居の解体作業の様子をご紹介したいと思います!

 

まず、熊野神社の鳥居は両部鳥居といいまして本柱を控え柱と貫で支えているのが特徴です!

両部鳥居についての記事は今年の2月に挙げているので詳しく知りたい方はそちらを探してみてください!

 

では、解体作業の様子です

解体した材はトラックに積んで実習場に運びます

まずはじめに島木から上の部分をユニックで吊り上げて取り外していきます

本柱のほぞです

腐ってボロボロになっていますね

 

次に、2本の本柱をつないでいる本貫を外します

当然簡単には抜けないのでほぞにロープをかけて外側に引っ張りつつ息を合わせて本柱をカケヤで叩きます

抜けましたね!

 

次は下で控え柱と貫を取り外します

最後に本柱をトラックに積んで終了です!

 

ここに本柱と控え柱が乗っていました!

↑控え柱

↑本柱

 

解体の様子は以上です!

次回からはいよいよ原寸図と加工の様子をご紹介します!

 

ではまた!

 

 

本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

SNSはじめました

伝統文化と環境福祉の専門学校インスタグラム

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Facebook

 

伝統文化と環境福祉の専門学校LINE

 

伝統文化と環境福祉の専門学校YouTube

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Twitter

 

| kenchiku | - | 17:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:00 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ