伝統建築学科BLOG

宮大工・大工・2級建築士を育成する、
伝統建築学科の授業の内容や様子を詳しく紹介しています。
<< 鳥居完成間近! | main | 大崎白山神社 >>
得勝寺

今、2年生の10人ほどで得勝寺の修復をやっています。

 

 

主な作業は、床張りと鉋がけです。

 

 

床張りは現在、レベルで水平をだし水糸を張り、大引を入れています。

 

雨などで地面がぬかるみ、柱が浮き沈みしてしまい水平が変わってしまうことがあるのが大変でした...

 

 

 

鉋がけは垂木と、裏甲、広小舞の仕上げをやっています。

 

どの面がどれくらい見えるからここを綺麗に仕上げる。だとか、面取りの大きさなどを特に考えながらやりました。

 

 

 


本物に触れて学ぶ宮大工
伝統文化と環境福祉の専門学校 伝統建築学科

 

SNSはじめました

伝統文化と環境福祉の専門学校インスタグラム

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Facebook

 

伝統文化と環境福祉の専門学校LINE

 

伝統文化と環境福祉の専門学校YouTube

 

伝統文化と環境福祉の専門学校Twitter

 

 

 

 

 

| SADO 伝統建築科 | - | 10:43 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:43 | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ